住宅ローンの審査に通過するには

借金苦でもマイホームを持つことを夢見ている方は、たくさんおられると思います。
しかし、住宅というのは数千万円する大きな買い物になりますので、現金一括で購入をされるような方はほとんどいらっしゃらないでしょう。
多くの方が、住宅ローンを組んで何十年もの間返済を続けられるのです。
住宅ローンの場合、他のローンとは違って金利が非常に安くなっていますので、月々の返済額も生活に支障がない程度の額に設定をすることが出来ます。
ただ、住宅ローンというのは数千万もの借り入れを行うことになりますので、非常に審査が厳しくなっています。
自分の場合だと審査に通らないのでは、と思う方も多いようで、住宅ローンを組むのを躊躇されている方も少なくないようです。
ローンの審査で大きく影響をしてくるのは、収入と借金だと言われています。
借金と言われるものというのは、実は2種類のものがあり、住宅ローンに影響が出るのはそのうちの1つになっています。
影響がない借金に関しては、自動車ローンのように購入した商品自体が担保になっているものです。
影響が出るとされる借金というのは、消費者金融などの金融機関で利用出来るカードローンやキャッシングによる借金です。
カードローンやキャッシングを複数の金融機関で利用している場合、
住宅ローンを組むことが出来ない可能性が非常に高くなります。
総量規制という法規制ができたことにより、年収の3分の1までしか借り入れを行うことが出来なくなっていますので、そこまで大金を借り入れされている方は少ないかもしれません。
ただ、総量規制の限度額ギリギリまで借り入れをされている場合でも、住宅ローンの審査に落ちてしまう可能性は高くなってしまいます。
住宅ローンを組む場合は、現在返済をしている借金をある程度片付けてからにした方が良いのではないかと思います。