借金と養育費の問題

離婚をして養育費を支払うことが決まっている方の場合、借金の返済を続けることが困難になったからといって、養育費の支払いが免除されることはありません。
しかし実際は、裁判所で養育費の支払義務が決められていても、長期にわたって支払い続けない方は多いようです。
養育費を受け取る側からすると、非常に困ったことになってしまいます。
どうしても養育費を受け取りたいという場合、強制執行に踏み切ることが出来ます。
強制執行を行なえば、給料の2分の1までの額を差し押さえることが出来るようになっています。
そうすることで、借金苦でも確実に養育費を受け取ることが出来るのです。
給料の2分の1の額を差し押さえられた側にとっては、生活にかなり困るようなことになってしまいますので、最悪のことが起こってしまうかもしれません。
自分だけで養育費問題を解決させようとすると、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、法律の専門家に相談をすることを勧めます。
養育費などの問題というのは、口約束では意味がありません。
法的手段を取る必要がありますので、家庭問題に強い弁護士に相談をしてみて下さい。
弁護士は、自分の得意分野というものを必ず持っています。
家庭問題や離婚問題に強い弁護士もいれば、借金問題に強い弁護士もいます。
結婚生活中につくってしまった借金というのは、双方に関係をしてくる問題と言えますが、離婚後につくった借金は個人の責任になります。
個人の借金苦のせいで、もう一方が不利益を被るのは間違っています。