借金苦

借金苦から脱出した私の方法を書かせて頂きます。

借金地獄カードローン地獄ローン地獄カーブス料金闇金相談

 

借金苦から脱出した
私の方法を書かせて頂きます。
 

 

一人でも多く
私の様に借金苦で苦しんでいる人が
救われればと思い、
 
私の借金苦から
脱出した方法を書かせて頂きます。
 
 
 
はじめまして。
 
 
山下と申します。
私の体験談が参考になればと思って、
書かせて頂きます。
 

私は以前カードキャッシングで
全く生活が出来ない状態になってしまいました。
 
いきなりではないですが、
パチンコで使うお金をちょいちょい
借りていて、仕事で単身赴任になったのを境に
借金が段々と大きくなっていきました。
 
 
「ボーナスで返せばいいかな。」
 
みたいな感じで思っていました。
 
今、思うと
危機管理が足りなかったですよね。。
 

会社は一生ボーナスをくれると
思っていたのが間違いでした。
 
不況の影響
 
でジワジワとボーナスが減りだして、
気付いた時にはもう手遅れでした。
 
 
借金は総額で
480万
まで膨らんで
 
完璧な
借金苦です。
 

普通の人から見れば異常ですが、
自分の中では
 
「まだ大丈夫だろ…」
 
みたいに
感覚が麻痺していた所はあったと思います。
 
 
そんな時に横浜に残してきた娘から
誕生日プレゼントと手紙がきました。
 
似顔絵と一緒に手紙がありました。
 
「お仕事頑張ってね!
 早く帰ってきて遊んでね。」

 
と、最近覚えたという決して
きれいとはいえない字で
書いてありました。
 
こんなに可愛い娘の事を思うと
今の自分が情けなくて、

 

涙が止まりませんでした。
 
ここまでに泣いたのは
記憶にない位、泣きました。。
 
 
2時間くらい泣きました。
 
 
その後に本気で
 
「子供達には迷惑はかけたくない。」
 
と、思いました。
 
借金苦から脱出する事を決意しました。

 
 
 
もう自分ではどうしようもない金額だったので、
専門家に相談しようと、
市が運営している
無料相談を調べましたが、
平日の昼にしかやっていないのでネットで調べました。
 
色々とありましたが、
相談だけで1時間5000円とか
かかるものが多くて
少し驚きました。
 
なんとか、
有名な事務所で

無料で夜でも休日でも
相談出来るところがありました。
下記の事務所です。

 

樋口総合法律事務所
http://higuchisogozimusyo.com/
24時間借金悩み相談無料窓口
0120-102-849
女性の弁護士がいて、
真剣に借金の悩み相談に乗ってくれる
無料の弁護士事務所です。
YAHOO知恵袋の実際に利用した人の
体験談も悪い評判はなかったです。
 
すぐにでも取立てを辞めたい人が電話したら
本当にすぐに取立てが終わったくらい
借金問題には強い事務所です。
 
 
樋口さんとは別にもう一つ気になるサイトがありました。

 
毎月3000人以上の借金苦の人が
借金問題を解決している
サイトを見つけました。
街角法律相談所
というサイトです。
 
内容は全国の借金に強い弁護士200人が
借金問題を解決するために作ったサイトです。
 
匿名で
電話番号も住所も不要の
個人情報ナシ
 
借金整理や減額のシュミレーション
が出来るサイトです。

 
 ・街角法律相談所
 無料借金シュミレーター
 http://www.matikadosoudan.com/
 
 
利用してみると、30秒くらいの
短い入力で簡単に終わりました。
 
私の場合は昔から利用している
消費者金融の過払い金がある事がわかり、
返還請求をすると
借金が減額出来ると
言われ、そのまま依頼しました。
 
肝心の依頼費用も

後払いが可能な事務所ばかりでしたので、
 
お金の心配は全くなかったです。
 
計算ではあと9か月で借金は完済出来ます。
 
借金を返済出来たら娘の為に
定期預金でもして
将来驚かせてやろうと思っています。
 
今までは
借金をどうしようと悩んでいた人生が
娘の将来を考える事が出来る人生に変わったなんて
自分でも驚いています。
 
相談せずに自分でそうにかしようと思ったら

辛い人生が一生続いたと思います。
 
 
この文章を見ている方で、
借金でお悩みの方がいるのでしたら、
 
専門家へ相談してみる事を本気でオススメ致します。
 
 
素人は知らない法律でなんとか
減額しようと本気で考えてくれますよ。
 
少しの勇気で借金とは無縁の
新しい幸せ
が見つかると思います。
 

ほんの少しだけの行動を起こしてみて下さい。
少しの行動で
後は勝手に物事は良い方向へ進んでいきます。
 
説教臭くなりましたが、
最後までこんな文章をお読み下さり、
 
本当にありがとうございました。
 
 
最後に私が利用した
街角法律相談所のアドレスを書いておきます。
 
それではアナタの人生が
素晴らしいものに変わる事を祈りながら
 

終わらせていただきます。
 
 
・街角法律相談所の
 借金減額シュミレーション
 http://www.matikadosoudan.com/

 

樋口総合法律事務所
http://higuchisogozimusyo.com/
24時間借金悩み相談無料窓口
0120-102-849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
会社から借入を起こすだけでは借金苦に陥る確率はまだ少ない。
苦への道筋は、複数の業者から借入をするということから作られる。
借入が複数ということは返済も複数回あるということ。大半の人間の収入は月に一回程度だから、借金苦でも負担は大きい。
借金苦で返済に追われると精神的に追い詰められる。ちょっとしたことで夫婦の諍いも起こるし、それがきっかけで家庭崩壊につながることも珍しくない。借金がゆえに仕事に集中ができなくなり、失敗を引き起こし失職するということも多い。下手をすると済むところさえ追い出されてしまう。借金苦
携帯電話には金融会社からの無数の着信履歴。追い詰められてネットカフェに寝泊まりする段になると、だんだんこの世が苦に思えてくる…。
それが借金苦である。自分だけでなく、身内に起こったとしてもゾッとする話だ。
そうはいっても借金は意外と身近に生活の近辺に存在している。
どんなに小綺麗なイメージをCMなどを活用して植え付けたとしても、クレジットカードでのショッピングは借金である。
便利ではあるけれど、自動車をローンで購入すれば借金であるし、住宅ローンも同様。
もちろんカードでショッピングを楽しんだとしても、その借金苦の額をしっかり把握していれば、そんなに大きな問題にはならないもの。
しかしどのくらい使ったかを覚えてないという人ならば、以下に記す借金苦が待ち受けているかもしれない。
借金苦
これからお金を借りる予定のある人は、一歩立ち止まって読んでみてもらいたい。
■借金苦体験告白

「26の時、アルバイト先の店長に勧められて気軽な気持ちでカードを作ったのが借金生活の始まりでした。そのカードにショッピング枠とキャッシング枠がついていたのが運の尽きでした。
カードを作ったはいいものの、しばらくは全く使う気はなかったんです。きっかけは友だちで、時計店でダイバーズウォッチを見ていた時に"こんな高いのどうやって買うんだよ"って話してたんですが、"カードで買えばいいじゃん"っていわれたんです。それまでクレジットカードで買い物なんてしたことがなかったから想像もしてませんでした。
それでカードの限度額を確かめたら余裕で買えるんですね。もう舞い上がってしまって衝動買いしてしまいました。
それからというもの、限度額いっぱいまで買い物をして、返済金が足らなくなると同じカードでキャッシングして返済に回しました。案の定あっという間に返済が追いつかなくなって、もう一枚作ったのが消費者金融のカード。バイトを掛け持ちすれば何とかなると思っていたんですが…。
親に気づかれてカードを全て取り上げられるまでに200万以上借金が増えていて、毎日のように催促の電話がケータイに入ってその頃にはげっそり痩せていました。思えば苦の日々だったなあと今では思います。今?いやもう借金はこりごりです」(32才 男性)
借金苦「知人の紹介で良いアルバイトがあるというので話を聞きに言ったのが発端でした。化粧品と日用雑貨の流通販売ということで、すごく儲かるという話でした。実際にその男性はその仕事で買ったという黄色いフォルクスワーゲンのゴルフに乗っていて、一年で手に入れたというので驚きました。今考えればそれネズミ講ってやつですよね。そんなに短期間に儲かるなんて。でも知人と一緒に成功話を聞くうちにすっかりその気になっちゃって。でも実際に商品を仕入れても一向に売れなくて。在庫が部屋にあふれてしまったんですけど、紹介してくれた男性が次々とアドバイスをして、あともうちょっと頑張れば売れるからと次々新商品を押し付けてくるんです。どっかおかしかったんですよね、当時の私は。借金してまで仕入れするなんて。高級化粧品だったので仕入れ値もすごくて。結局返しきれなくなって実家に逃げ帰りました。催促の電話がひっきりなしで精神的に追い詰められてしまったんです。携帯電話を川に投げ捨てて電車に飛び乗りました。が借金を肩代わりしてくれて無事に収まりましたが、もう怖ろしいのでカードは作る気がしません」(27才 女性)「大学時代のサークルの先輩に誘われて、断るに断れず競馬場に行ったんです。そうしたらビギナーズラックで一気に500万勝ってしまい…。もうすっかり人生観が変わってしまいました。大卒で勤めた会社も働くのがバカバカしくなって5年目でやめてしまい、ギャンブラーとして生計を立てることにしたんです。ちろんそんな話がうまく行くわけなくて、あっという間に借金まみれに。友だちには全員借金を申し込みました。親戚にも親にも嘘をついて借りて、せっせと複数の会社に借りた借金を返したんですが…。けっきょくもともとの原因を作った先輩が見るに見かねて法律事務所に連れて行ってくれたんです。自己破産することになり、今では真面目に働いています」(31才 男性)借金苦体験談はそれこそ無数にあって、とても紹介できる数ではないが、その一部をここに紹介してみた。みんな一様に「借金はもうこりごりだ」と口を揃えるが、事前にもう少し知識があれば、避けられただろうにと思わないでもない。金苦という怖ろしい状況に陥らないためにも必要最低限の知的防備はしておいた方が良いだろう

リボ払いは借金苦への近道
借金苦
借金苦でも有名ですがクレジットカードで買い物をする時、支払い回数はどのように決めていますか?
一括払いから複数回にわたる分割払い、リボ払いと選択肢はいくつかありますが、この中で特殊なのはやはりリボ払いです。
リボ払いというのは正式にはリボルビング払いという名称です。これでも正直よくわかりませんね。
もともとの英単語としては「revolving」と表記しますが、これは主に「回転する」という意味を持っています。
借金苦で支払いが回転する?
さっぱり意味がわかりませんね。日本での金融用語に直すと、「回転信用」となるのですが、それでもさっぱりです。
もともとこのリボルビングという英単語は、警官がよく携帯しているタイプのリボルバー拳銃から来ています。
弾倉が回転式になっていて、一発撃つごとに回転していくタイプの拳銃で、映画やドラマなどでよく見かけるのではないでしょうか。
そうした弾倉がいつまでもくるくると回る様子から「revolving payments」=リボルビング払いと命名されたようです。
借金が回転して次から次へと続いていくなんて、まさに借金苦の象徴のような表現ですね。
ただリボルビング払いは単なる支払い方式の一つです。ではなぜそれが借金苦と直結しやすいのでしょうか。そのためにはリボ払いの仕組みを説明する必要があります。
基本的な仕組みは、クレジットカードを使用した買い物の利用金額や利用件数にかかわらず、毎月指定の支払い元金+手数料をはらうという方式です。
(例)
5万円の腕時計を購入

2回(分割)払い 25000円×2回
リボ払い 毎月3000円の定額を長期間にわたって支払う
これだけならそんなに問題はないですし、むしろ便利なシステムに思えます。ところがカード利用には一回払いを除いて、通常は金利がかかります。
その金利が問題なのです。リボ払いの平均年利は10%?15%。つまり支払いが長期化した分だけ、金利もまた上昇してしまうのです。とくに借金苦で毎月の支払額を低く抑えた場合、毎月の支払いは楽ですが、借金本来の元金がいつまで経っても減らず、金利ばかりを支払い続けるということになりがちなのです。
そしてリボ払い利用者は重ねてリボ払いを選択することが多くなりがち。そうした借金の元金を減らしにくい仕組みで続けて借金を続けていれば、返せていない借金がずっと残り続けるので、ある日突然限度額がいっぱいになり、返済ができないということにもなってしまいやすいのです。
この時、たいていの人は借金苦で手持ち資金がないので、とりあえず、という感覚で別のカードでキャッシングをして返済にあてます。信販会社のカードでは間に合わなくなった場合は、借金苦なのに消費者金融などで借りることになります。その時点で、ほぼ確実にあなたは借金苦の道へ、すでに足を踏み入れているのです。
まとめると、毎月の返済額より多い金額のショッピングやキャッシングを利用すると、元金が減らないことから、加速度的に借金が増えていってしまうということです。
リボ払いというと気軽な響きを持っていますが、気づかないうちに借金苦で返済不能な借金を抱えてしまうシステムなのです。利用時は慎重に考えるべきです。
知らないうちに借金苦にどっぷり浸かっていた…
なんてことにならないように、クレジットカードを利用して支払いをする時は、その支払い方法を熟考することをオススメします。

お金に困って借金苦のはじまりお金に困って借金苦をしなければならない場合、既に借金苦をしている方はその借金が脚を引っ張るのではないかと心配をされるでしょう。
ローンを組む場合、他に借金苦をしておらずある程度の収入があれば、
借金苦でも審査に通過をすることが出来る可能性は非常に高いです。
ただ、すでに他の借り入れをしている場合は、ローンの審査に通過出来ないこともあるのです。
ローンを組みたいと思っている方は、どの判断基準で審査に通過することが出来るか気になるでしょう。
借金苦でも現金を借りる場合は、現在の収入、現在の借入額、借入先が審査の基準となります。
借入先を選ぶ場合は、銀行よりも消費者金融の方が審査に通りやすいと言われています。
ただ、消費者金融で借り入れを行う場合は、総量規制によって年収の3分の1までの額しか借りることが出来なくなっていますので、それ以上の額を借りたいようであれば、銀行を利用しなければなりません。
消費者金融を利用してローンを組む場合、返済能力に関する条件以外にも、総量規制における限度額を超えるようなことはないかを、気にしなければならないのです。
総量規制に関しては、クレジットカードで利用出来る借り入れといったものも含まれることになりますので、総量規制に該当をしてしまうと借り入れ枠があっても利用適しになってしまうことがあります。
お金を借りたい人にとっては、とても厳しい条件のように思いますが、総量規制というものは利用者を守るために作られた法規制です。
収入に見合わない借り入れをしてしまうことで、返済が困難になってしまうことがあるのです。